ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみたリピするデカフェ・カフェインレスコーヒー

飲んでみたシリーズです。カフェインレスコーヒーを飲んでみて今後リピするか、リピしないか仕分けしていきます。

▼前回はトップバリュのカフェインレスコーヒーでした

今回は「ou・bai・tou・ri」さんのカフェインレスのドリップコーヒーを飲んでみました。

ou.bai.tou.ri「エチオピア デカフェ Shakiso Natural」の詳細

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた
カフェイン残存率0.03%
種類豆/粉、100g/200gが選べます。
他に、コーヒーバッグに既に入ったセットもあります。
価格100g 980円
200g 1,860円
コーヒーバッグ5パック 850円
コーヒーバッグ10パック 1,700円
焙煎所ou.bai.tou.ri coffee roasters

カフェイン残存率は0.03%!HPに記載がなく、問い合わせたところ回答をいただきました。カフェイン残存率が少ないのはとっても良いですね◎

このエチオピアの豆しかデカフェは売られていませんでした。他の味も試してみたかったのですが、このエチオピアの豆についてHPには以下のように記載されています。

スペシャルティコーヒーグレードの、マウンテンウォータープロセスを使用したデカフェの豆です。デカフェにも関わらず、フローラルさが失われていない、ナチュラル特有の華やかな風味が感じられるコーヒーです。

甘さ / sweetness ★★★★☆
酸味 / Acidity       ★★★☆☆
苦み / Bitterness  ★☆☆☆☆

Shakiso, Guji
標高: 1850m~2200m
品種: 在来種
精製処理: Washed, デカフェ(カフェインレス)マウンテンウォータープロセス

エチオピアの主要産地であるシダモエリアでイルガチェフィに次いで、スペシャルティコーヒーの産地として有名なグジ、シャキソ地区。

TadeGG農園のオーナーであるTasfaye氏は、シャキッソの土地が国内最高峰の標高2,000m、火山灰質で肥沃なことや、同地域が熱帯雨林であり、雨量が豊富にあることなどから、同農園がコーヒー栽培に適していることを確信していました。元農学者という経験を生かし、独自で研究した栽培手法や、コロンビア等、他マイルドコーヒー生産国の栽培手法等を積極的に取り入れています。

https://obtr-coffee.com/collections/decafe/products/medium-washed

ou.bai.tou.ri「エチオピア デカフェ Shakiso Natural」を飲んでみる

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた
コーヒーバッグタイプはプレゼントに良さそう

コーヒーバッグタイプはこういったバッグに200ml抽出分の粉が入っています↓

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

一つずつパッキングされているので、コーヒーを淹れやすいですね。

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

200mlのお湯を入れて、時々スプーンでグリグリ。コーヒーと一緒に入っていた説明書の通りに淹れていきます。

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

便利さはコーヒーバッグに入っていた方が良いですが、コスパはもちろん粉の方が良いですね。

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

ドリップコーヒーは香り高く、袋を開けた瞬間!コーヒーの香りに癒やされます。飲んでみると、後味にフルーティーな酸味がありますが、デカフェ特有の酸味が強く全体的に味が薄い感じではありません。ちゃんと味がある(笑)コーヒーです。

しかし、残念なポイントを見つけてしまいました。

このコーヒーを少し飲み、冷めた頃また飲んでみると…ううう、酸味が強くて飲めない泣

確かに、説明文では酸味3、苦み1と書かれており、正直イヤな予感はしていました。私は酸味が苦手なのです!温かい時はあんなに美味しかったのに泣

まとめ

ou.bai.tou.ri(オウバイトウリ)のエチオピア豆のデカフェドリップコーヒーを飲んでみた

仕分けの結果ですが…

悩む

です。え?

温かいうちに飲むのならリピ!なのですが、冷めて飲むならリピなし!です。

両側面を持ったカフェインレスコーヒーに出会ってしまいましたね…うーん、どうしよう?

酸味が好きな方ならもちろんおすすめします。私のように酸味が苦手な方は、温かいうちにコーヒーを飲んでください。冷めてしまったらやはり牛乳などで誤魔化す必要があるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました